セルノートを塗っていると生理がくるってくる?

貧乳や授乳期を過ぎたバストの垂れさがりを気にする人が多くいます。

 

そんな状況下の人に人気なのがバストケアクリーム【セルノート】です。

 

セルノートは独自に開発した先進技術で作られた浸透性の良い成分が配合されているそうです。

 

バストアップはマッサージも重要ですが、並行してクリームの存在も非常に重要です。

 

 

そんなセルノートを塗ってマッサージしていると生理がくるってくるという口コミも見かけます。
その理由を調べてみました。

 

 

 

セルノートを塗っていると生理がくるってくる理由とは?

セルノートを塗っていると

 

  • 生理が早きてビックリ!
  • 生理が遅れていて心配!

 

 

といった口コミを見かけたりします。

 

 

セルノートを塗っていると生理がくるってくる理由とは?

 

それほどたったいないためはっきりとした効果はま出ていませんが、使って一週間ぐらいで突如生理がやってきました(笑)まだ半月先なのでビックリしています!女性ホルモンが分泌されたのではと思うので、マッサージ効果があったのでいいのかなとも思うので続けて使っていこうと思っています。

 

 

 

その原因ってなんなのでしょうか?

 

女性のようにセルノートを使ってバストをマッサージしていると、女性ホルモンの分泌が促進される原因から起こっている症状のようです。

 

 

さっそく調べてみると、どうやらホルモンが関係していることが分かりました。

 

 

 

セルノートに含まれている女性ホルモンが影響?

セルノートには、女性ホルモンにも似たダイズ種子エキスが含まれています。

 

ダイズ種子エキスは、少ない量でも体内に入っていく可能性はあります。

 

 

ダイズ種子エキスに含まれた女性ホルモンであるエストロゲンが体内へと入り女性ホルモン増加作用を表し、生理に近い状態へと身体が反応したためだと思われます。

 

 

 

以前プエラリアミリフィカを飲んでいるとホルモン異常が頻発していた問題がありましたが、あの症状と似た作用ですが、プエラリアミリフィカにはセルノートに含まれているダイズ種子エキスのエストロゲンが1000倍から10,000倍もの分量が含まれていたといわれています。

 

そういったりゆうもあるのでセルノートの安全性には何の問題もありませんが、このように少ない量でも少しは女性ホルモンに影響を与えて突如生理がきたという人もいるようです。

 

 

しかし他のバストクリームでは、このような現象はほとんど起きていないと思います。

 

それはなぜか、クリームに含まれた成分の浸透性が悪い理由や、成分自体の質の問題などがあるからです。

 

 

 

クリームの浸透性が悪いと、バストケアの効果も半減しますよね。

 

しかし、セルノートには最新技術が用いられていてセルノートの成分がスーッとしみ込む感じが得られると感じている方が多くいるのも納得できる理由でもあるんですね。

 

 

しかも、セルノートにはバストにハリを与えるボルフィリンといわれる成分が含まれています。

 

このボルフィリン、今バストケア業界で話題になっている成分としても注目されている女性ホルモンに作用する成分です。

 

 

 

バストは脂肪分で出来ています。

 

ボルフィリンは脂肪分に作用して増幅する作用があります。

 

 

最新技術によってボルフィリンがより浸透した結果、ふくよかなバストが得られている人も多くいるんですね。

 

 

セルノートを確かめてみる

 

 

 

 

 

また、加齢などによって身体全体に女性ホルモンが足らなくなり、更年期障害などに悩まされている人たちのあいだで話題になっているものがあります。

 

エクオール入りのノムダスというサプリです。

 

 

ノムダスには、エクオールという成分が含まれています。

 

 

エクオール入りのサプリメントであるノムダスはどういったサプリなのかを詳しくかいた記事がサイト内にあるので、良ければ読んでみてくださいね。(※エクオール入りノムダスの参考記事