生理不順の理由とは?

女性の身体は男性と違い子孫を残すという大事な宿命を担って生まれてきます。

 

一方の男性も子孫を残すという最初の段階においては関わりますが、女性の場合の凄さは子孫という一人の人間の誕生させるきっかけを作るところから最初から

 

 

このページでは、生理不順についての理由や対処方法を詳しく説明しています。

 

 

生理不順のになる理由

女性の多き悩みに女性ホルモン作用から来る生理があります。

 

しかし、この生理にはやっかいな症状ともいえる生理不順という状態が起きることがあります。

 

 

生理不順になるにはさまざま理由があります。

 

  • ストレスや精神的要因からくる生理不順。
  • 免疫バランスの崩れによる早発卵巣不全。

 

このページでは「ストレスや精神的要因から来る原因・免疫から来る原因」を中心に説明しています。

 

 

ストレスや精神的要因からくる生理不順

人間は、ストレスを受けると自律神経が乱れる症状が出てきます。

 

自律神経が乱れるとホルモンバランスを保てなくなり、ストレスホルモンといわれている副腎皮質刺激ホルモンが分泌されてくるようになってしまいます。

 

副腎皮質刺激ホルモンはACTHともいわれており、脳内から成長ホルモンや性腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンなどを放出している視床下部から放出されているホルモンで、全身にさまざまな病状が生じるクッシング病になりやすく、またうつ病やストレスから誘発されるクッシング症候群、下垂体性副腎機能低下症などを引き起こす可能性が高まって来るといわれています。

 

 

つまり、ストレスを受けることにより、これらの症状と並行して視床下部から放出される必要不可欠な性腺刺激ホルモン分泌がなされないため、女性ホルモンであるFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の減少により生理不順減少が誘発されてくるのです。

 

 

この現象が、ストレスや精神的要因から誘発される生理不順の原因になっています。

 

 

免疫バランスの崩れによる早発卵巣不全

早発卵巣不全または一般的にいわれている早発閉経とは、免疫バランスの崩れから卵巣機能の低下、また染色体や遺伝子の異常などからも起きる可能性があるといわれていますが、その早発卵巣不全の多くの原因は不明だそうです。

 

この症状になると主に「生理不順」になる可能性が高いですが、その他に「ホットフラッシュ」といわれている顔面紅潮(がんめんこうちょう)という顔が赤くなる症状や、更年期時にみられる発汗が出る場合もあるといわれています。

 

 

このような状態になると妊娠は極めて低くなり、ひどくなれば不妊症にまで発展するといわれているやっかいな症状です。さらに、この状態をそのままにしておくとエストロゲンといわれているホルモン分泌低下により、骨にまで影響を及ぼしている作用も滞り骨密度が低くなり骨折しやすくなります。

 

さらに血管内部への影響が深刻化し、動脈硬化や全身への健康被害を誘発させるおそれも出てきます。

 

 

生理不順の予防対策

これら生理不順への予防作としては、ストレスから来る精神的苦痛や、常日頃から免疫作用が落ちにくい私生活を心がけるようにしたいものです。

 

この症状に遺伝作用もあるといわれていますが、ほんのごく一部の人に出る症状と言われており遺伝性よりも多くの原因は後天性で私生活のあり方が大半を締めているそうですので、日頃から生活習慣を正しながら過ごしたいものです。

 

 

また、セルノートを使用してこのような症状になる原因は、ホルモンへの作用が主な原因なので、もしこのような症状が出た場合は、即刻使用を中止するべきだと思いますね。

 

このような症状が出るということは、セルノートがあなたの体にあっていないということですから。

 

 

 

 

 

 

 

参考サイト1:http://www.j-endo.jp/modules/patient/index.php?content_id=76
参考サイト2:https://www.clinicfor.life/articles/b-039/